楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“エノキアン”から学ぶ

19/01/07

創業200年を超えた老舗のみが加盟を許されるエノキアン協会。フランスの団体だが各国の企業が加盟している。昨年、この団体の会長に初めて日本人が就任したことで話題になった。会長になったのは江戸幕府4代将軍家綱の時代にあたる寛文9年(1669年)に創業した岡谷鋼機の岡谷篤一社長だ。

岡谷社長は300年にわたって会社を継続できた秘けつの一つとして「たゆまぬコミュニケーションが困難を打ち破ってきたことが幾度かあった」と話しており、コミュニケーション力で社内の困難を乗り切ってきたと話している。協会の加盟数は47社。ヨーロッパ企業が中心で、アジアでの加盟は日本だけだという。8社が加盟しており、旅館業界では石川県の法師が入っている。

ある調査では、日本で創業100年以上の企業は約3万3千社あり、そのほとんどが家族経営の概念を維持するオーナー企業だそうだ。エノキアン協会加盟の企業も創業者の子孫が経営に関わるファミリービジネスが中心になっているという。

既存の観光産業に携わる企業である旅館ホテルや中小旅行会社などもオーナー企業で成り立ってきた。現在どちらかといえば家族経営否定の時代だが、家族間でもコミュニケーション力を発揮する超老舗企業から学び、前進する1年にしたい。

(トラベルニュースat 19年1月1日新年号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ