楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

想い出づくり生産産業

21/11/25

今号の本紙5面で紹介している「コロッケの旅うた−和歌山編」の取材で、コロッケさんと話す機会に恵まれた。コロッケさんはある時、若い男性から「コロッケさんは僕とおばあちゃんの思い出なんです」と言われた。どういうことなのか聞いてみると「幼い時におばあちゃんと一緒にコロッケさんのコンサートに行ったことがあり、おばあちゃんが亡くなった今も思い出すからなんです」と返ってきたそうだ。

若い男性との会話で、他人やその家族の会話の中に自分の名前が残るということをコロッケさんは実感した。そして「その人たちがお持ちの百ページある思い出のページの1ページに、数行残る仕事をしているんだな。それが現在・過去・未来に続く仕事なんだ」。自身の仕事の方向性が定まった瞬間だった。

コロッケさんの仕事に取り組む姿勢に共感した。10数年前にある方から観光業は「想い出づくり生産産業だ。にもかかわらず、それを意識して仕事をしている人があまりにも少ない」と嘆いていたことを思い出した。今はどうだろう。

コロナ禍でそんなことを考えている余裕はないのかもしれない。だがアフターコロナの観光業、特にリアルな仕事現場にとって「想い出づくり生産産業」を意識して仕事に取り組むのは必須であるように思う。

(トラベルニュースat 21年11月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ