楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

質が問われる令和

19/05/10

2019年5月1日、徳仁さまが新しい天皇陛下に即位され、元号も「令和」となった。観光業界にとっては史上初のゴールデンウイーク10連休とあって旅館ホテルをはじめ大忙しとなり、令和という時代は幸先のいいスタートになった。その“お祭り騒ぎ”が終わって、今号は令和元年最新号となる。令和の時代に入り、読者各位にさらにご支持いただき、愛読していただけるよう奮起したい。

4月10日号で書いたことと重なる部分もあるかもしれないが、令和の時代の観光業界は、世界を意識した産業にならなくては国内外の旅行客の志向についていけなくなるのは間違いないことだろう。

10連休の真っただ中、世界最高峰の客船と言われる「オイローパ2」が神戸に寄港した。見学会が行われ船内を見せてもらったのだが、担当者によると、料理や船内の嗜好、清掃のあり方まで欧州、米国、豪州とひと括りにしてしまえないほど各国のサービスのあり方は違うということだった。

翻って、令和の幕開けの10連休は量で確かな効果があった。これは改元特需であって、我々はこれまで以上に質が問われる時代に入ったことを見学会で実感した。令とは「うるわしい」、和は「なごむ」という意を改めて認識しておきたい。

(トラベルニュースat 19年5月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ