楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

LGBTQ理解は職場から

19/05/27

本紙でも幾度かLGBTQ(同性愛や両性愛、心と身体の性が一致しない人の総称)について紙面を割いてきた。このほど、KNT―CTパートナーズ会関西連合会設立総会の記念講演会で、国際LGBTQ+旅行協会のグローバルアンバサダー日本担当の池内志帆さんから現場の声を聞き、あらためて今後LGBTQの取り組みが必要不可欠であることを認識した。

池内さんは、近畿日本ツーリスト関西(KNT関西)が総合旅行会社として日本で初めて同旅行協会に加盟したことを評価。加盟によって、今後社員が何不自由なく過ごせる雰囲気を作る機会となり、誰もが安心して働ける環境へとつながっていく。それは、労働生産性アップを意味するわけで、LGBTQへの取り組みは、その第一歩だという。

日本人口の8・9%1100万人、つまり11人に1人がLGBTQの人たちで、我々は知らず知らずのうちに、LGBTQの人たちと関わっていることになる。

LGBTQへの理解がないと、何気ない言葉がセクハラになることもあり、まずは、それぞれの職場から正すことから始めよう。様々な客を迎える宿泊施設の社員が偏見を持っていればおもてなしはできない、という池内さんの指摘を我々の業界でこそ真摯に受け止めたい。

(トラベルニュースat 19年5月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ