楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光産業とSDGs

19/11/12

大阪で初めて開催された「ツーリズムEXPOジャパン(TEJ)」は4日間で約15万人が訪れ、成功裡に終わった。TEJで掲げられた大きなテーマは「持続可能な発展のために、今こそ観光の役割を果たす!」で、会期中のフォーラムやセミナーでは我々が取り組むべき課題や将来に向けた議論が展開された。

その際、登壇者から異口同音に発せられていたのが「SDGs(エスディージーズ=持続可能な開発目標)」という言葉だった。SDGsは国連が2030年を目標達成年度に掲げ、持続可能な社会を実現するため環境や教育など17項目のゴールを示したものだ。17色で円形のSDGsのピンバッチを上着の襟につけていた参加者は少なくなかった。

我々が観光資源としている美しい景色、先祖から引き継いだ文化や遺産などを次世代に引き継いでいくことは、ツーリズム産業の持続可能な発展のためにも、いま我々に課せられた大きな責務。JATAの田川博己会長はそのことを「ツーリズムはあらゆるものを変える力と環境を守る力がある」としていた。

日本の観光業界でSDGsはまだ浸透していないかもしれないが、地球環境の変化に端を発する天災を毎年のように目の当たりにする今、SDGsの考えを頭の片隅において行動したい。

(トラベルニュースat 19年11月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ