楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業と自治体の関係

20/08/25

コロナ禍で経営環境が厳しい宿泊施設や旅行会社を支援する「地元宿泊応援事業」に取り組む地方自治体が増えている。石川県旅行業協会(石旅協)のように事業の取りまとめ窓口になるなど、これまでにはない事例もある一方、地元の中小旅行会社を事業の“おまけ”のようにしか扱っていない自治体もある。

石旅協の窓口委託は、北陸新幹線金沢開業の際に石川県観光に多大な協力を行ってきた結果なので、“おまけ”扱いされる旅行業は、これまで自治体との信頼関係のネットワークを築いてこなかったという側面があることは否めない。

ある県の宿泊応援事業が大手旅行会社やOTA(オンライントラベルエージェント)が主体だったため、旅行業協会が「地元の旅行会社を地域住民が使いやすい施策を考えてほしい」と陳情した。すると担当者は「OTAの方が地元の人たちには使いやすい」と返答したそうだ。確かに、今はネット社会でありOTAの活用も大事だが、かといって知事が認可している地元旅行業を支援しないのはおかしい話だ。

地元旅行業からの提案を一緒に考えようとしないのは疑問だが、後ろ向きのことばかりを言っていても始まらない。ウィズコロナの今、各地方の旅行業界は自治体との新しい関係づくりを考え直してはどうだろう。

(トラベルニュースat 20年8月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ