楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“少数精鋭”の兵旅協

21/03/10

1975年(昭和50年)11月、中小企業等協同組合法に基づいて設立された兵庫県旅行業協同組合(兵旅協)。旅行業の協同組合として全国に先駆けて72人の志で発足した。

ただ、2月に開いた兵旅協総会で1社の廃業、7社の退会が明らかにされ、新年度は17社でのスタートとなった。一挙に8社が抜けたものの門田基秀理事長は「人数は減ったが、少数精鋭で一致団結し頑張りたい」と、意気軒昂だ。また旅館などの受入施設などで組織する兵旅協契約機関協力会は新年度、城崎温泉・西村屋ホテル招月庭の西村総一郎社長が新会長に就任し「新しい時代に新しい光を見えるような組織運営を」と話した。

「少数精鋭」「新しい時代に新しい光」が兵旅協と協力会の大事なキーワードであるように思う。西村新会長を迎えコロナ禍で観光業界が壊滅的な現在、兵旅協組合員が本当に「少数精鋭の気概」を持っているのか、協力会会員が「新しい光」にどれだけの関心と意欲を持つのか−。

兵旅協設立30年の記録誌の中で、当時の楠本弘理事長は11年前の阪神淡路大震災を振り返り「現在の兵旅協の取り組みの原点は大震災にあった」と語っている。兵旅協と協力会は「コロナ禍があったから今がある」といえる、10年後を見据えた価値観と行動が求められている。

(トラベルニュースat 21年3月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山代編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山代温泉の魅力にスポット。未だ制...

三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ