楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

タブロイドにこだわる

21/04/10

本紙は4月15日、大阪市内で8千坪の庭園を有する太閤園を会場に「トラベルニュース創刊50周年記念シンポジウム」を開く予定でしたが、急増するコロナ感染者数の状況を鑑み延期することにしました。

本来、昨年7月の開催予定でしたがコロナ禍の影響で延期し、昨年秋に太閤園で開催することを決めました。ところが年明けに緊急事態宣言が発令され、その解除を待って皆様に案内をお出ししたところ、またもや感染が関西全域でまん延しました。ぎりぎりまで開催方法を模索したものの、感染者数が現在も増え続けている以上、再度延期するしかありませんでした。200人を超える方々から出席のご返事をいただいていただけに、残念でなりません。

今回のシンポジウムは創刊50周年を祝っていただくことが目的ではなく、1日も早く観光業界が好転することを願い、今できること、やるべきことを皆様と一緒に考え、笑顔と元気をお届けできればという思いで企画しておりました。

本紙のタブロイド版は「濃縮薬」が語源です。「人間を描く、事象を読者の目線で書く、タブーにしばられない」をベースに、濃い情報が掲載された紙面をこれからも目指してまいります。笑顔と元気をお届けする機会も、時期を待ってご案内することをお約束いたします。

(トラベルニュースat 21年4月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ