楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

クマンバチが飛ぶ

21/01/01

コロナ禍で明け、暮れた2020年。いまだコロナは終息するどころか、新たな変異種の感染者が欧州で見つかり、さらなる脅威を与えている。メディアも相変わらず連日、全国の感染者数や亡くなった人の数を発表し続け、人々の不安をあおり続けている。本来救世主のはずだったGo Toトラベルも年末年始の一斉停止に振り回され、旅行業、旅館ホテルの廃業がいつ出だすのかと悲壮な会話が止まらない。

しかし、こんな八方ふさがりの状況だからこそ、物事を前向きに捉えないと負のブラックホールに飲み込まれてしまう。

以前、知人からクマンバチの生態について教えてもらった。クマンバチは図体が大きい割には羽根が小さく、本来、航空力学的にみて飛行は不可能なのだという。ではなぜ、飛べないクマンバチが飛べるのか。

それは『飛べると心の底から信じ込んでいるから飛べる』という、信じられないような非科学的な理論だという。詳細はともかく、それゆえクマンバチは不可能を可能にするシンボルとされているのだそうだ。

我々もコロナ禍の真っただ中にさらされているが、クマンバチにあやかり『不可能を可能にする』という強い思いを持って、今年もなんとしてでも生き残ろうではありませんか。

(トラベルニュースat 21年1月1日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ