楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新しい旅行スタイルの確立 全旅・中間幹夫社長にコロナ対応と“収束後”を聞く(3) 会員に有益な「Go To」に

コロナ特約の保険も検討

―アフター・コロナにおいて、全国の会員旅行会社への支援策は。

会員に有益になるような様々なキャンペーンを考えています。弊社単独の事業に留まらず、日本旅行やTrip全旅および全旅ペイメントなど様々な取引相手との連携をますます深めてまいりたいと思います。

また、会員のお客様に対する補償に対しても対策を講じています。企画手配旅行補償制度の中で「コロナ特約(仮称)」として、保険会社と新商品開発を進めているところです。さらに、旅行終了後お客様がコロナに感染し、訴訟問題に発展した場合に対応できる「旅行業者賠償保険」も周知する必要があると思っています。

様々な不測な事態を考慮し、問題に対して迅速に対応できるよう、準備を進めております。

全旅・中間幹夫社長

「何が何でも前に進もう」
と全国の同志に呼びかける中間社長

―最後に会員旅行会社が元気になるメッセージをお願いします。

Go To Travelキャンペーンの施策効果が得られるのは、感染予防策の徹底がマストであり、新型コロナウイルス対応ガイドラインに準じた「新しい旅行スタイル」の確立が必要です。

会員各位には、工夫しながら「新しい旅行スタイル」を展開していただき、キャンペーンを最大限活用して利益の最大化を図り、復活、V字回復の原動力にしていただければ幸いです。弊社としましても、役職員一同全力でサポートさせていただきますので、何かお困りのことがございましたら、ご遠慮なくご一報いただければ、すぐに対処させていただきます。

今までも困難に立ち向かってきた我々が、ここで屈するわけにはまいりません。何が何でも皆様とともに大きな希望を携えながら、前に進んでまいりましょう。

(トラベルニュースat 20年6月10日号)

(前の記事)新しい旅行スタイルの確立 全旅・中間幹夫社長にコロナ対応と“収束後”を聞く(2) 地元旅行は中小零細に好機

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ