楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

社会的地位を高めるCP

20/02/25

全国旅行業協会(ANTA)が主催する「国内観光活性化フォーラム」が2月12日、熊本県で開かれた。今回で15回目になる。

2003年に初めて開催された大分県のフォーラムでは、業界内でもまだほとんど知られていなかった着地型観光をテーマに開催し、その功績は小さくなかった。以後「地旅」と名称を変えながら、着地型旅行のあり方やどう収益を上げればいいのかを話し合い、地域活性化に貢献しようと試みてきた。

鹿児島県での第11回フォーラムから、全国のANTA会員が開催地へ集中送客するキャンペーンをスタートさせ、鹿児島県には3万2千人を送り、昨年の福島県に至っては14万人を送客するという大きな実績を残した。

近年では自然災害などの被災地で開催されることが増え、送客キャンペーンという名称ではありながら、中小旅行会社が主体的に行う復興支援策といった色合いが強く、この取り組みは大きく評価されていい。

地球環境が激変し、いつなんどき被災地になるかわからない状況にある中、フォーラム開催と合わせた送客キャンペーンは、旅行業が社会的地位を高めANTA会員の意義を内外に示すものであることを改めて認識し、今後もこの2つのセットが継続するよう願う。

(トラベルニュースat 20年2月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ