楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

インドを再訪する思考

22/02/25

インド好きが高じて実際に住んで言葉を覚え帰国、そのままインドへの送客を得意とする旅行会社に勤めている人と話す機会があった。

筆者はインドには行ったことはないが、複数の旅行会社の知り合いから「インドだけは二度と行きたくない」と聞いたことを思い出し、その話をした。すると、その人は「川が汚い、雨が降った後の道はぬかるんで歩けたものではない、あちこちに牛の排泄物があって臭いがたまらない、といったようなことをお聞きになったんでしょ」と即答されたので頷くと「インドのことをどのように言われても私は、お客様を『インドに行きたい』と言わせる自信があります。帰ってこられても『ありがとう、最高だった。また行きたい』と言っていただける内容と説得力を持っています」と言い切った。

その自信はどこから来るのか、と聞くと「物事はマイナス面で見たらすべてがマイナスになります。インドでもそうです。難しいことではありません。私はプラスの情報をお伝えしているだけです。それでインドの見方が変わり、喜んでいただけるんです」。

コロナ禍の今をマイナス面だけで見えているのは、負のインドを見るのと同じ。視点がぼやけ漠然とした時は、少し遠目に俯瞰してみるとプラス面を見出せるのだろう。

(トラベルニュースat 22年2月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ