楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

バス運転手は観光立国の担い手

23/10/30

一年でもっとも観光客が動く10―11月の観光シーズンに入った。中小旅行会社が得意とする団体やグループもようやく旅行に出かけるようになって喜ばしい限りだ。ところがである。この期間のバスの運転手が足りず、旅行会社はツアーを催行できない窮地に陥っている。客とバスはあっても運転手不足でバスを動かせず、バス会社や旅行会社が血眼になって“動くバス”を探している。公示運賃の倍を支払うからバスを回してほしい、とバス会社に懇願した旅行会社もいたようだが、それでもバスはまわってこないのが実情だ。

国交省も運転手不足や燃油価格の高騰など、貸切バス事業の経営環境の悪化を背景に、貸切バスの公示運賃を10月から順次引き上げ、2024年4月にはドライバーの労働規制の強化も始める。ただ、それだけでは運転手が増えないのが実情だ。

インバウンドを増やすための観光地の魅力向上や受入機関の整備、誘客のための予算措置にとどまらず、観光立国を支えるインフラとして貸切バスを支援できないか。地方創生や、オーバーツーリズム対策として地方への人流を支えるのも貸切バスと認識を持ち、バス運転手は観光立国の要職であるという啓蒙も必要だろう。そして、日本のバス旅行はどの国より素晴らしいと位置づける観光施策があっていい。

(トラベルニュースat 23年10月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ