楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

民泊と外国人労働者 全旅連、研修会で課題へ方針確認(2) 民泊仲介サイトとは一定の距離

「法令順守を形で見せてもらわないと」

桑田委員長は、全国に6万5千施設あると見られていた違法民泊が、民泊新法施行後に1万5千施設程度に減少していることを紹介しながら「民泊を規制できる条例制定に向けた取り組みなど、各県の活動により一定の効果が得られました。特に、新法により民泊仲介サイトを合法というレールの上に乗せていく流れができたことが大きい」と話し、引き続き地域の安心安全の観点から仲介サイトに協力を促していくことが大事だとした。

ただ、仲介サイトによっては依然として、自主的に民泊届出の有無を精査せず、行政機関の求めに応じて掲載の中止などに対応していることが不満だとして「民泊仲介サイトから旅館ホテルを掲載したいとアプローチがあるが、法令順守を形で見せてもらわなければ協力はできない」と、組織として距離を保つ姿勢を示した。

3年後の法律の見直しについては「現行の年間営業日数の上限180日制限の緩和が焦点とされる可能性があります。注視したい」と指摘した。

全旅連では今回の合同研修に合わせ民泊対応の活動をまとめた記録誌「住宅宿泊事業法中間報告」を1万6千部印刷し全組合員に配布する。記録誌では各県理事長が民泊新法の成立から施行までの活動と施行後の民泊届出受理状況などの現状を報告している。合同研修会でも、出席した各県代表全員(執行部を除く)から発言があり、違法民泊について住民や旅館ホテルの認識を一層高めることや、違法民泊の取り締まり強化を課題とする意見が多くあがった。

(トラベルニュースat 18年9月10日号)

(次の記事)民泊と外国人労働者 全旅連、研修会で課題へ方針確認(3) 外国人労働者就労受入、ベトナムに絞る
(前の記事)民泊と外国人労働者 全旅連、研修会で課題へ方針確認(1) 民泊、新法施行後も注視緩めず

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ