楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光産業が日本を救う 全旅連青年部全国大会開催・西村総一郎部長に聞く(3) 「天地人すべていかして」

鈴木次期部長へ期待とエール

―インバウンドの伸びが目立ち、東京オリンピックがあります。観光業界に上げ潮のムードがあります。

西村 外国人観光客全体を増やすことはもちろんですが、いかに地方に足を運んでもらうのかという仕掛けが必要だと思います。2019年のラグビーワールドカップや、2020年の東京オリンピック・パラリンピックは地方の情報を世界に発信する千載一遇のチャンスです。課題としては地方についての認知度の向上や、1次交通、2次交通の問題など多岐にわたります。

人手不足に関しては、宿泊産業にも技能実習生制度が活用できるようになり、新たな在留資格制度が始まると、さらに大きく変わります。ただし外国人労働者をどのように自らの企業などに受け入れるのか、もっと言うと社会全体として単なる労働者としてではなく、生活者として溶け込ませていくのかなどは大きな課題です。業界全体として受け入れる以上、全旅連の活動のなかでも様々なケアやノウハウの蓄積と的確な助言などが大切なものになってくると考えます。

―次期部長の鈴木さんにエールを送ってください。

西村 失われた20年と言われる経済停滞期、リーマンショックや東日本大震災などの苦難を乗り越え、日本再興の旗印であった2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催される象徴的な年次をまもなく迎えます。

2020年代以降、観光が真に日本の将来を支える産業へと進化を遂げなければならない中、未来への責任を負う世代のリーダーとしての責任は重大です。永年の青年部活動で培ったもの、天地人すべてをいかして活躍されることを期待しています。

全旅連青年部西村総一郎部長

9月の臨時総会で、鈴木次期青年部長と

(トラベルニュースat 18年10月25日号)

(次の記事)観光産業が日本を救う 全旅連青年部全国大会開催・西村総一郎部長に聞く(2) 「経往開来」で宿泊業を紡ぐ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ