楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

次代継承がスローガン 全旅連青年部・鈴木体制スタート(1) 「チャレンジ・フォー・ザ・フューチャー」

全旅連青年部(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会青年部、1255部員)は4月18日、東京・平河町の全国町村会館で2019年度総会を開いた。今年は任期2年の新体制がスタートする区切りとなる総会で、西村総一郎・23代青年部長(兵庫県城崎温泉・西村屋)が退任し、鈴木治彦・24代青年部長(40歳、岡山県奥津温泉・奥津荘)のもと、19―20年度の組織体制や事業計画などを承認した。

西村部長から鈴木青年部長へ

西村部長は退任のあいさつで「今期は民泊、人手不足など供給側の課題が中心にありましたが、今後は旅行者、宿泊客という需要が課題になると思っています。東京オリンピックをはじめ、大規模な国際イベントが日本で開催される、この5―6年に、世界からのゲストに日本をどのように見てもらえるかが非常に大事になると思っています。今後も会社、地域、業界をいい状態で次世代に渡せるよう努めていきたい。令和の時代に、青年部の活動がますます活発になることに期待しています」と、2年間の活動を締めくくった。

一方、今期、鈴木青年部長が掲げた活動スローガンは「チャレンジ・フォー・ザ・フューチャー―よりよいかたちを次代へ」。

鈴木青年部長は「誇りを持って青年部を引っ張っていきたい。小さな宿出身でも全国部長をやれることを示したい」と意欲を語った。

鈴木治彦青年部長

「誇りを持って青年部を引っ張っていき
たい」と語った鈴木・第24代青年部長

(トラベルニュースat 19年4月25日号)

(次の記事)次代継承がスローガン 全旅連青年部・鈴木体制スタート(2) 旅館甲子園は全国大会と同時開催

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ