楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

四字熟語で2022年の観光を占う(2) 滅資彷徨・伴時万端

新しい時代に資する観光を

【滅資彷徨】 本来の滅私奉公は、私心や私欲を捨てて公(おおやけ)のために尽くす意だが、この2年で公が心許ないことも露呈した。

「資」を選んだ井門さん。「まもなく人口ピラミッドが世界最初に逆三角形になる日本。社会保障が限界に達し、国家も個人も自立が求められるようになる」と指摘し、今後「資本・投資・資源」の3要素が必要だと説く。

余った時間と余ったお金でする余暇消費だった観光の時代は終わり「観光の目的は限られた資本で行う自己投資へと向かいます」。

そのために我々はどうすべきなのか。しばらくは業界側も限られた資本を削り、あちらこちら彷徨するかもしれないが「その時、地域の資源こそが重要になる」と井門さん。新しい時代に資する観光を打ち立てる年にしたい。

災禍と伴走する心づもりで

【伴時万端】 昨年のこの欄で、観光業が再起動するという思いから「起」を選んだ橋爪さん。コロナ禍が継続し、緊急事態宣言が繰り返された経過もあって、そうはならなかった。「観光業は当面の間、感染症と『供』に歩む覚悟が必要である」と警鐘を鳴らす。

楽観してはならないが、それでもウイズコロナで、このやっかいな災禍と伴走していく心づもりと準備は万端に整えておきたい。

(トラベルニュースat 22年1月1日号)

(次の記事)四字熟語で2022年の観光を占う(3) 恩拓広大・楽財忍環・転化太平
(前の記事)四字熟語で2022年の観光を占う(1) 5氏が選んだ“観字”から

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ