楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

島の観光会議 島根県隠岐・海士町で開催(2) 山田桂一郎氏講演とパネルディスカッション

「宿泊産業は過渡期」 新事業立ち上げる人へ支援を

山田さんは自身が住むツェルマットを例に「隠岐よりはるかに不便。だから日帰り客はいらない。モノ、コト、メシで楽しいトキを過ごしてもらう。地元にあるものは徹底的に使い、地域にキャッシュフローを回すことに力を注ぐ。でないと税収があがらないからです」。

島の観光会議では田端長官と山田さんに、AMAホールディングスの十枝裕美子さんが加わり、海士の青山敦士社長のコーディネートでパネルディスカッションも行われた。

まず、青山さんが地方の宿泊施設のクオリティーを上げていく方策を問うた。

十枝さんは、着地の整備でもっとも重要なのは宿泊施設とした上で「事業者だけの課題ではない」と指摘。

十枝裕美子さん

十枝裕美子さん

山田さんは「最終的にはポジショニングの問題」とし、宿泊施設の選択肢を増やし多様性を生むことが大切だとした。

田端長官は、人手不足が大きな課題になっていることは認識しているが「国として具体策は示せていない」とし、個人的な見解として集約化などが必要ではないかと話した。

また十枝さんは「宿泊産業がいま過渡期を迎えている」と述べ、新しい事業を立ち上げる人への支援が欠かせないとした。

青山敦士さん

青山敦士さん

(トラベルニュースat 19年7月25日暑中号)

(次の記事)島の観光会議 島根県隠岐・海士町で開催(3) これからの“観光の役割”とは
(前の記事)島の観光会議 島根県隠岐・海士町で開催(1) 田端観光庁長官が講演

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ