楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光業再生こそ使命 JATA髙橋会長が新春会見(2) 不祥事には「襟正す」

Go Toトラベル早期再開を 海外旅行、訪日旅行も再開に備える

「国内旅行については感染状況が落ち着いた段階で、Go Toトラベルのできるだけ早い再開を希望している。再開には昨年、JATAが実施したワクチン・検査パッケージの実証実験の知見や経験で実施することが肝要です。実証実験では宿泊事業者と連携し約8千人に旅行を提供し、1人の感染者もなかった。ワクチン・検査パッケージを原則とすれば、旅行が感染拡大の要因ではないとデータで証明できたと考えています。Go Toトラベル事業で大いに参考にしてほしい」

「海外旅行は昨年末にフランス、ハワイ、韓国への視察団派遣を予定していましたが、オミクロン株による感染急拡大で延期しました。視察団派遣を適切な時期に再開し海外旅行再開の突破口にしたい。トラベルバブルの構築など、これなら安全安心と受け入れられる仕組みをつくりたい」

「訪日旅行は感染急拡大で小規模管理型ツアーの実証実験は中止になっている状況です。ただ、コロナ後に日本を訪れたいとするデータはたくさんある。ニューノーマルに対応した新たなコンテンツ、魅力を磨き、再開に備えたい」

また、会長交代の契機にもなった昨年の不祥事については「会員企業による雇調金、Go Toトラベルの不正受給は誠に遺憾で重く受け止めている。一会員企業の事案として片づけるのではくJATAとして襟を正してコンプライアンスの徹底に取り組む」と話し、経営者、社員別にセミナーを行うこと説明した。

(トラベルニュースat 22年1月25日号)

(前の記事)観光業再生こそ使命 JATA髙橋会長が新春会見(1) 新たなツーリズム構築に意欲

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ