楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

初の大阪開催間近・ツーリズムEXPOジャパン 10月24―27日、観光大臣会合やシンポ、展示会

世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」開催が間近に迫ってきた。東京以外の都市では初めての開催となる今回は、大阪市住之江区のインテックス大阪を主会場に10月24―27日の4日間にわたる開催で、100カ国・地域、全国47都道府県が出展、来場者数は13万人を見込む。大阪初のツーリズムEXPOの概要が固まった。

地元ANTA支部もブース 「コテコテの大阪らしさ」

会期中24、25日は業界関係者が対象。24日はメーン会場に隣接するハイアットリージェンシー大阪での開会式に続き、建築家の安藤忠雄さんによる基調講演、TEJ観光大臣会合などが開かれ、持続可能な発展に向けた観光を考える。25日はインテックス大阪でデジタルマーケティング、海外旅行、エンターテインメントについての各シンポジウムが開かれる。

世界観光大臣会議

昨年のツーリズムEXPOジャパンで行われた
観光大臣会合の様子

展示会は4日間とも設定。海外旅行展示はアメリカや韓国、中国などの市場が大型出展するほか、ジャマイカやブラジル、オーストラリア、LCCなどが新規出展。アドベンチャーツーリズム、クルーズ、リゾートウエディングといったテーマ別コーナーも。

国内旅行展示は、地元大阪・関西展示エリアが昨年の4・2倍となる全213小間で「スポーツ・食・ウェルネス・笑い」をコンセプトに展開。食文化・酒蔵ツーリズムや産業観光もPRする。大阪府市が誘致するIR(統合型リゾート)に関しても、国内初のイベント「IRゲーミングEXPO」を実施する。

また今回、過去最大の8小間を出展する全国旅行業協会(ANTA)は、今年6月に地震に見舞われた新潟県と山形県の復興支援ブース、来年2月に熊本市で開催する国内観光活性化フォーラムのPRブース、地旅を展開する全旅のブースなどを設ける。

このうちANTA大阪府支部のブースでは、会員旅行会社による添乗員よもやま話などを展開する。吉村実支部長は「大阪らしさを前面にコテコテの添乗員の活躍ぶりを紹介したい。ANTAに入っていない府下の旅行会社に招待状を送っています。会員増強につなげたい」と初の大阪開催に意気込む。

26、27日は一般にも開放する。「関西うまいものコーナー」「全国ご当地どんぶり選手権」予選会といった食のコーナーが人気を集めそうだ。

(トラベルニュースat 19年10月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ