楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光業界の未来を紡ぐ 鈴木治彦vs星永重・全旅連青年部部長対談(3) 平昌五輪で世界を見る

意思・イズム伝え気持ちを押す

―2人は一緒に海外へ行ったとか、すごく親密なイメージがあります。
 
鈴木 一人で行くのが寂しかっただけなんですけど(笑)。まだ部長になる前でしたが。

 そもそも、全旅連で自分がいろんなことをやってみたいと思ったきっかけが、桑田体制(桑田雅之さん=第22代部長)で流通対策副委員長をやったことなんです。その時の担当副部長だった山本享平さんと委員長の大平修二さんの2人が治さんの話をよくされていて、それを指針に委員会の運営を行っている節があったんです。鈴木さんってどんな人なのだろう?というふうに思っていました。どういうふうに物事を見ているのか興味があったので、誘っていただいてすぐに行こうと思いました。

鈴木 生で、自分の目でオリンピックという世界的なイベントを見る最後のチャンスだったので平昌へ行こうと。競技ではなく、まちの雰囲気や宿泊施設がどんな運営をしているのか、五輪期間中に民泊みたいなものが広がっているのかなど、オリンピックという一大イベントを地域としてそう受け入れているかが見たかったんです。

韓国は、平昌より江陵(カンヌン)の方が盛り上がっていました。面白いなと思ったのが、マンホールや側溝の蓋を全部オリンピックのロゴマークに変えているんです。これは終わった後に、たぶん売る気。プレミアがつくので。ラブホみたいなところに泊まったよな。オリンピック期間中だけ観戦者向けに提供するというような感じで。

 ちゃんと対面で接客もしてくれたし、まちの案内もしてくれました。いい人たちでした。

星永重さん

「楽しみなのは大阪・関西万博。万博の時に
東日本にも潤いが出るようにしたい」と星さん

鈴木 自分が星の存在を知ったのが、沖縄の全国大会。組織委員長として大会実行委員長でもあったんですが、これから懇親会という時に公大さんから「ちょっと悪いけど、この時間帯にプロポーズ大作戦を入れるから」と言われたんです。「なんじゃそれ。聞いてねぇし、いきなり何を差し込んでくるんだ」と思っていました。で「星って誰なぁ?」と言ってたら、隅の方にいて「アイツです」と(笑)。

今の副部長の中で比較すると、星との関係が一番浅い。だから、自分の意思、自分のイズムを一生懸命に伝えないといけないと思って親密に見えるのかな。

 それは非常によく伝わりました。もともと副部長をやる予定はなく財務の委員長をやろうと思っていたところに、いきなり政策の副部長をやらないかと引き上げてもらいました。相当不安だったと思います。特に政策活動が活発化した時、結構無理して出てきていただいていました。気持ちを押していってくれているのはすごく感じましたし、すごく働きやすいですね。

(トラベルニュースat 21年2月10日号)

(次の記事)観光業界の未来を紡ぐ 鈴木治彦vs星永重・全旅連青年部部長対談(4) 日本、地方経済の主役に
(前の記事)観光業界の未来を紡ぐ 鈴木治彦vs星永重・全旅連青年部部長対談(2) 踏襲と変革のバランス

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ