楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go Toトラベル1月下旬再開へ 政府が「観光需要喚起策」(2) ワクチン・検査パッケージ運用へ観光庁がガイドライン策定

ウィズコロナ期の観光需要を喚起する担保に

観光庁は11月19日、県民割の対象範囲拡大やGo Toトラベル再開に向けて「旅行業・宿泊業におけるワクチン・検査パッケージ運用ガイドライン」を策定した。10月からツアーなどで行ってきた技術実証の結果(トラベルニュースat11月25日号2面参照)を踏まえ、ウィズコロナ期の観光需要を喚起する担保とした。

ガイドラインは、新型コロナウイルス感染症対策本部による「ワクチン・検査パッケージ制度要綱」と合わせて、旅行会社が実施するツアーや宿泊施設の現場におけるワクチン・検査パッケージの具体的な運用方法や留意点を定めた。

具体的には、ワクチン接種歴やPCR検査等の結果を活用するため(1)商品造成・販売時に接種歴・検査結果の確認、後日提出を認めない(2)販売後から旅行開始日・宿泊開始日当日にあたっては添乗員もしくは宿泊施設のフロントスタッフが確認することなどを明文化した。

また、条件を満たさない場合の運用については、検査結果陽性時の対応、確認書類を持参していないケースなどでの対応を細かく定めた。

留意点として、基本的な感染症対策の維持・徹底、検査結果の統一様式活用を推奨することなどを挙げている。

観光庁では「今後、Go Toトラベル事業などにおいて導入するワクチン・検査パッケージを活用した安全・安心な仕組みについては、このガイドラインに準拠すること」としている。

(トラベルニュースat 21年11月25日号)

(前の記事)Go Toトラベル1月下旬再開へ 政府が「観光需要喚起策」(1) 県民割は隣接県に拡大

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ