楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

リアル○刀流に活路 紙面から選ぶ2021年観光番付(4) 完敗の「おもてなし」五輪

それでもホテルとスタッフの財産に

 本来なら横綱に名を連ねるべき「東京オリンピック・パラリンピック」だけど、無観客開催では、さすがに横綱に推挙しにくかった。地方では東京オリンピックをどう見たんだろう。

 開催まですったもんだあったけど、普段目にすることのないマイナースポーツを熱中してテレビ観戦し面白かった。

 海外からの大会関係者や事前合宿、メディアを受け入れたホテルはたくさんあった。ただ、直前まで泊まりに来るのか分からない、何人来るのか分からないなど、連絡はめちゃくちゃだったそう。外出制限の監視を急にホテルスタッフに要請したりと、振り回された施設も多かった。一方で、オリンピック関係者を受け入れた経験はホテルとスタッフの財産になったと振り返る経営者もいた。

少し話は変わるけど、入国待機の宿泊利用については、オリンピック招致でアピールした「おもてなし」を考えさせられた。オリンピック関連の仕事で今年春に入国したイギリス人は隔離期間の14日間、ずっとお米の弁当だったそう。彼は奥さんがミャンマー人で米飯に慣れていたけど、お米に慣れていない同僚はかなりまいったらしい。10数平方メートルの客室から弁当を取りに行く時しか出られないし。昨年のクリスマスを挟んで友人がニュージーランドで14日間の隔離を体験したんだけど、ホテルの客室は30平方メートルほどで、食事は3食とも数種類から選べて、狭い駐車場スペースで散歩もできたそう。クリスマスはホテルのスタッフ、セキュリティ、看護師がサンタ帽を被って雰囲気を盛り上げ、ディナーは七面鳥だったそう。「おもてなし」の面では完敗だよね。

日本開催の次の大規模国際イベントとしては大阪・関西万博がある。東京が羨ましく感じるような万博にしてほしい。

(トラベルニュースat 21年12月10日号)

(次の記事)リアル○刀流に活路 紙面から選ぶ2021年観光番付(5) “サブスク”で観光消費喚起
(前の記事)リアル○刀流に活路 紙面から選ぶ2021年観光番付(3) 観光イノベーション萌芽

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ