楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナから「アレ」へ 紙面から選ぶ2023年観光番付(3) 持続可能は事業継承に必要

社会のニーズへ業界全体で挑戦を

 関脇は明るい話題がいい。うちは大阪本社だし、「アレ」にするか。

 おっ、待ってました!(以下、略)

 以前から持続可能な観光、サスティナブルツーリズムの必要性は説かれていたけど、今年は特に耳にすることが多かったように思う。

 SDGsも定着し持続可能はキーワードだった。それは何も環境に限ったことではなくて、人手不足にもつながるけど事業継承が含まれる。コロナ特例貸付の償還もまったなしで、目先の利益をきっちり追求しながら持続可能を求めたい。高付加価値で高利益率の商品提供が求められるなか、社会のニーズと調和し観光業界全体で挑みたいね。

 貸切バス運賃・料金の値上げは三役、小結に推挙したい。

 推挙って…。

 相撲用語にならうとね。10月25日号の社説でも触れたけど、バス運転手は観光立国の担い手。。自賛だけど社説に書いた「地方創生や、オーバーツーリズム対策として地方への人流を支えるのも貸切バスと認識を持ち、バス運転手は観光立国の要職であるという啓蒙も必要だろう。そして、日本のバス旅行はどの国より素晴らしいと位置づける観光施策があっていい」と本当に思う。

 2024年4月にはドライバーの労働規制の強化、いわゆる24年問題も控える。国を支える物流、人流ともに来年は分岐点になる。

 あとは大阪・関西万博開幕まで500日を切ったことも挙げたい。

 2025年日本国際博覧会協会が来場者の周遊観光を促す公式観光ポータルサイトを開設した。万博から地方への流れができるといいな。

(トラベルニュースat 2023年12月10日号)

(次の記事)コロナから「アレ」へ 紙面から選ぶ2023年観光番付(4) 声出し応援がアレを後押し?
(前の記事)コロナから「アレ」へ 紙面から選ぶ2023年観光番付(2) 不正問題、人手不足が露呈

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ