楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

名古屋から観光復興を発信 国内観光活性化フォーラムと全旅インバウンド商談会(1) 愛知県へ10万人送客を決議

2月14日と15日、名古屋市で2大イベントが行われた。14日は全旅(中間幹夫社長)の「全旅インバウンド商談会inあいち」が中村区の名古屋マリオットアソシアホテルで、15日は一般社団法人全国旅行業協会の第19回「国内観光活性化フォーラムinあいち」が熱田区の名古屋国際会議場で開かれた。前者は台湾21・韓国14の旅行会社35社と、東海地域を中心とした受け入れ先やインバウンド旅行に取り組む旅行会社など44事業者が参加。後者は、全国のANTA会員ら約1100人が参加した。

「コロナ禍からの完全復活を果たすための重要な一歩」

国内観光活性化フォーラムでは、全国5400社のANTA会員ネットワークを生かして今年3―12月の期間に愛知県へ10万人を送客するキャンペーンの実施を決議。前回の山形県送客キャンペーンは昨年4月から今年1月に目標の5万人の半数にとどまったが、今回は目標達成へ会場の総意で採決した。

国内観光活性化フォーラム

約1100人が参加したフォーラム

フォーラムでは、近藤幸二副会長が二階俊博会長のメッセージを代読し「コロナ禍からの完全復活を果たすための重要な一歩」と開催意義を改めて強調。観光庁の高橋一郎長官は、地方誘客の促進に向け着地型旅行の造成など地元密着のANTA会員の取り組みに期待した。また、開催地の魅力発信として、名古屋城再建を目指す名古屋市の河村たかし市長のトークイベント、名古屋市の大須商店街を拠点に活動するアイドルグループOS☆Uのライブステージなどが行われた。

閉会あいさつで石川県出身の北敏一副会長は「能登は必ず復旧します。力添えをお願いしたい」と呼びかけた。

次回フォーラムは2024年1月28日、「ようこそ、まだ見ぬ東京へ」をスローガンに東京ガーデンシアターで開く。

(トラベルニュースat 2024年2月25日号)

(次の記事)名古屋から観光復興を発信 国内観光活性化フォーラムと全旅インバウンド商談会(2) 台湾・韓国の旅行35社を招へい

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ