楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

自給自足の楽園・宮古島 リゾートライフ柴山勝也会長に聞く(1)

世界に通じるリゾート観光地として注目を集めている沖縄県・宮古島。年間観光客数はここ数年2ケタの伸びを示し、2018年度は115万人に迫る。その宮古島にいち早く着目し、リゾートヴィラやリゾートマンションを展開しているのが、リゾートライフ(大阪市中央区)の柴山勝也会長だ。柴山会長に話を聞いた。

「宮古島移住仕掛人」の思い

―名刺に「宮古島移住仕掛人」と書かれていますね。宮古島にそれほど惚れ込んだのはなぜですか。

私は、30代後半に日本青年会議所(JC)で不動産部会の部会長をしていたのですが、その一代前の部会長が沖縄の方で18年前に一度訪ねたことがあったんです。ビーチがものすごくきれいで驚きました。聞くと、この島は珊瑚礁が隆起した島で、山はないけど川もない。だから海が濁らない。しかし、地下水は豊富。石灰岩質のアルカリ性土壌なのでハブが生息できず、安心して動き回ることもできる。しかも、海ではマグロやカツオが獲れ、牛や豚が島内で飼育され、台風で海水が畑に飛散しミネラル豊富な野菜もある。これは自給自足ができる楽園やな、と本当に思いました。島の人も親切でみんな温かいし。

―楽園をさらにデザインしようと考えたのですね。

本当はハワイでコンドミニアムを建てるのが私の夢だったんです。ところが、当時の私はバブル崩壊で一からスタートすることを余儀なくされていましたので、ハワイなんて夢のまた夢。宮古島なら私の再生にもふさわしいのではないか、と前述の先輩に相談したのです。周りからは「なんで宮古島やねん」と反対されましたけどね。

リゾートライフ柴山勝也会長

宮古島に“夢”を抱いた柴山さん

(次の記事)自給自足の楽園・宮古島 リゾートライフ柴山勝也会長に聞く(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ