楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

自給自足の楽園・宮古島 リゾートライフ柴山勝也会長に聞く(2)

"第2空港"開港で注目集める

―それはいつごろになるのですか。

平成16年(2004年)ごろです。宮古島初の分譲マンションを建てました。最初はなかなか売れませんでしたが、知り合いを通じて東京で売り出したところ大きな反響があり、なんとか軌道に乗せることができたのです。

―JC時代の先輩といい、人に恵まれていらっしゃるんですね。

バブル時代は勢いのまま、自分で確認せずスタッフ任せに投資してしまっていました。ただ、個人的な信用は失わないようにはしてきたと自負しています。ですから、再スタートを切る時は、自分がやりたいこと、夢を実現することに素直になろうと決意したのです。だから宮古島は、周囲に反対されてもやりきるという強い思いで取り組んでいったのです。

今年3月には、宮古島に近接する下地島に空港がオープンしました。この空港はそれまで、JALやANAのパイロット訓練施設として稼働してきたのですが、沖縄県の事業者公募で三菱地所が再開発に取り組み、リニューアル開港したんです。私どもの施設がある宮古島からは、観光スポットとしても有名な伊良部大橋を渡り、伊良部島を経由して結ばれています。すでにジェットスターなどLCCが就航し国際ターミナル機能も備えているので、リゾート空港としてのインパクトはかなり大きく、今、リゾートホテルの建設ラッシュでもあります。

自給自足の楽園としての魅力を保ちながら、宮古島の素晴らしさを伝えていきたいですね。

(前の記事)自給自足の楽園・宮古島 リゾートライフ柴山勝也会長に聞く(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ