楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“稼ぐ”地域への転換−日観協と滋賀びわこVBがセミナー 日本観光の今とDMO学ぶ(1)

日本観光振興協会関西支部と滋賀県・びわこビジターズビューローは2月26日、滋賀県大津市のびわ湖大津プリンスホテルで観光振興セミナーを開いた。日本観光の今とインバウンド誘客に役立つ最新情報を得ようと、同ビューローの会員を中心に約90人が参加した。

同ビューローの佐藤良治会長(びわ湖花街道会長)はあいさつで「来年の大河ドラマ『麒麟がくる』では近江は多くの戦国武将を輩出しており、次のNHK連続テレビ小説『スカーレット』は滋賀信楽が舞台と、一度に2つの大きなトピックがあり、(観光面で)千載一遇のチャンス」と、今後の滋賀観光に期待感を示した。そのうえで「これを集客にとどめることなく、観光事業者と住民が喜びを共有、地元に誇りを持ち生活にいかせる地域づくりにつなげたい。訪れて満足してもらえる地域になるため皆で手を携えたい」と抱負を語り、この日のセミナー開催の意義を語った。

講演は3部構成。日本観光とDMOの現状、インバウンド誘客につなげる手法を解説した。

同協会副理事長の久保田穣さんは「観光は物見遊山か?―びわこ観光振興のために」と題して講演。滋賀観光が次のステップに進むために知っておくべき“今の日本観光”を紹介した。

久保田さんは、今後の地域経済を考えるうえで観光交流人口の増大が定住人口の減少を補うことの有益性を説明。現在急成長を示す訪日外国人客数は、インドネシアやインドなど人口の多い市場の経済発展が見込まれることから今後も伸びる可能性は十分とし、インバウンド誘客への取り組みの重要性を強調した。

(次の記事)“稼ぐ”地域への転換−日観協と滋賀びわこVBがセミナー 日本観光の今とDMO学ぶ(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ