楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

農山漁村の景観保全や次代の担い手育成支援 地域活性化研究所/幸南食糧特集

「日本で最も美しい村連合」と「農業女子プロジェクト」

幸南食糧グループの地域活性化研究所は、日本の農山漁村の景観を保全し魅力を発信する取り組みや、次代の日本の農業を支える担い手育成事業などを支援。地域の6次産業化を縁の下からも支えている。

その一つは「日本で最も美しい村」連合の正会員としての活動。

「日本で最も美しい村」連合はフランスの「最も美しい村運動」をモデルとして2005年10月に発足。北海道から沖縄まで全国の小さくても輝くオンリーワンを持つ山村が自立し将来に向かって美しい地域であり続ける運動を行っている。NPO法人として活動しており、20年4月の段階で全国63地域が加盟している。

長野県小川村

棚田を守る活動をしている長野県小川村

静岡県松崎町・石部の棚田

静岡県松崎町・石部の棚田

農林水産省が13年から始めた「農業女子プロジェクト」は、女性農業者の能力を社会に活かす、新規参入の若手女性の就農者を増加させることが目的だ。事業としては、女性農業者と企業をコラボレーションし、新たな商品やサービス、情報を発信している。

女性農業者が日々の生活や仕事、自然の中で培った知恵を企業とのコラボレーションで発揮。生産者と消費者の距離を縮め、職業としての農業を選ぶ若手女性の増加を図ることも視野に入れる。

農業女子の遠藤亜美さん

水田を背に笑顔を見せる
農業女子の遠藤亜美さん

地域活性化研究所は「日本で最も美しい村」連合では正会員として、「農業女子プロジェクト」ではサポーターズとして認定されている。食や農山漁村の風景を未来へ継承し、持続可能な農業と地域活性に向け、6次産業化の支援を多岐にわたり行っている。

(次の記事)お米の可能性を提案―独自商品群で価値創出 幸南食糧グループ/幸南食糧特集
(前の記事)全国各地でプロデュースの実績 地域活性化研究所/幸南食糧特集

【特集】6次産業化で地域活性に取り組む 幸南食糧グループの挑戦 記事一覧

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ