楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

自館の背景-本質見極め次に生かせているか

日本全国、秋の行楽にあわせて観光を楽しまれるように、私も日々忙しく全国を周らせていただいております。

先日、ある旅館オーナーは、東京の一流ホテルでオーナーを務め定年を迎えた人を総支配人にと連れてきておりました。山奥の旅館です。都会のホテルだけを経験してきたオーナーが、田舎の旅館での仕組みを一から理解するのはとても難しいことだと思われますが、どうしてそのようなことをするのか不思議に思います。

ホテルは働く従業員も朝と夜でシフトを変えるところが多いですが、山奥の旅館の大多数は、朝働いた従業員が間に休憩を取り、夜も同じように働くものです。スーツを着て都会のホテルでお茶を飲めば、自然と上品に振る舞いますが、田舎の旅館に来て浴衣でくつろげば羽目を外す人が多いのと一緒です…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2017年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ