楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

働き方-一人の努力で職場が変わる

観光シーズンから少し外れているこの時期、職場環境を見直す良い時期でもあります。

各地の旅館ホテルに出向き、様々な職場環境を見ていますが、どこも本当に人手不足です。世間は「働き方改革」と銘打って動いていますから、「働く側」も8時間労働を目指し、有休を取り、ネットで様々な情報を仕入れて、より多くの給料がもらえるように考えている人が多いようで、会社側はその対応に追われ、従業員をどのように働かせ、どのように休みを取らせるか、試行錯誤の繰り返しです。

ある旅館では、8時間労働を徹底させ、残業を減らすようにしていると、従業員側からもっと働きたいという声が出たそうです。驚くことに、会社側は「それなら他所でアルバイトをして」と言ったとのこと。昔はアルバイト禁止が当たり前だったかと思うのですが、いろいろと変わってきたのですね。

「従業員が働きやすい環境を作っていきたい」というのは、会社側ももちろん考えていることですが、お客様があってのこの業界は本当に難しいものです。

この年齢まで料理人としてやってきた私としては、仕事をし、仕事の後も自分の腕のために職場で修業し、休みの日にはほかの料理を目にするために動き、すべて仕事につながるようにしていたと思います。

今は暇なのをいいことに、イヤホンで音楽を聴きながら包丁を握っている板前がいたりしますが、そんなことでよいのかと悩みます。時間が取れる今だからこそできる努力を一人ひとりがすることで、職場が大きく変わることもあります…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2019年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ