楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

MIMARU大阪 難波STATION みんなで遊べるホテル

様々なコンセプトのホテルが増えてきて、ホテル業界は多彩になってきた。6月2日には大阪市浪速区にボードゲームを主体に遊びに特化したホテル「MIMARU大阪 難波STATION」が開業した。またひとつ新趣向のホテルが参入し、大阪を面白くしている。

ホテルブランド「MIMARU」はコスモスイニシア(東京都)が開発し、コスモスホテルマネジメント(同)が運営するアパートメントホテル。大阪で3軒目、全国では20軒目(6月25日時点では22軒)となる。

場所は、大阪メトロ御堂筋線「なんば」駅、同千日前線・堺筋線「日本橋」駅、近鉄難波線「近鉄日本橋」駅から徒歩約8分。日本橋の電器街の入口付近に立地し、道具屋筋や千日前にも近い。

ホテルは敷地面積約642平方メートル。地上11階建て、延床面積約5985平方メートル。客室数は91室。ロビーフロアには「遊べる縁側」、フィットネスジム、ランドリールームを備える。

ゲームや遊びをテーマにみんなで『遊べるホテル』をコンセプトに、客室の1室の広さは約35―60平方メートル、定員4―6人でキッチン、リビング・ダイニングスペース、バスルーム、トイレやベーシンカウンターは独立型とし調理機器や食器なども備えている。

客室や「遊べる縁側」で楽しめるゲームは約130種類以上。国内のボードゲームブームをけん引するボードゲームカフェのオーナーが人数や年齢、家族や友人、言葉などに応じてセレクトし、世界中の誰でも楽しめるようにしている。

客室はゲームがしやすい環境に加え、それぞれ特徴的な造りになっている。最上階に1室あるテラス付きの「スカイテラスとボードゲームの部屋」(定員5人)は和洋室で、スカイテラスで大阪の街並みを望みながら電気グリルを借りてバーベキューなどの食事もできるというぜいたくさ。

また「こども向けボードゲームの部屋」(定員5人)は和洋室で、壁におもちゃ、ベッドに滑り台を設けるなど子どもが喜びそうな仕掛けがいっぱい。室内にキッチンもあり子どもと食事もしやすい。人狼ゲームとマーダーミステリーを一晩中楽しめる「人狼・マーダーミステリーの部屋」(同6人)は照明を落としたリビングルームを設け、大きなダイニングテーブルでゲームを楽しめる。2ベッドルームは天国部屋や密談部屋として活用し、隠れ家的な二段ベッドで休息もできる。

全室とも食材持ち込みで料理を作っても、宅配ピッツアなどを頼んでもいい、という自由さ。

ホテル専用ゲームは8つ用意している…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2022年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ