楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

厳しさ越えて、春 接客サービス見直す好機

私の旅館にある河津桜が満開を迎えています。まだまだ寒いこの時期ですが、やはりピンク色の愛らしい花々を見ていると温かい気持ちになり、厳しい時を過ごしてきた今、少しの期待を持ちたいと思うようになってまいりました。

ようやくコロナのワクチン接種も始まり、外で安心して過ごせる日を待ちわびている人々ばかりでしょう。今、気を緩めていけないことはもちろんですが、オリンピックもいよいよ近づき何とか世界中の運気を上げたいと思うものです。

昨年からGo Toトラベルキャンペーンの停止、緊急事態宣言の発令など、本当にたいへんな時を過ごしてまいりました。

旅館ホテル業界も、あの手この手でもがき、残念ながら閉館になったところもあり歯がゆく思います。宿泊施設でありながら日帰りに重点を置いた取り組みをしたり、通信販売を始めたり、皆様の工夫をいろいろなところで見させていただいていましたが、その中に、従来の宿泊料よりも大きく値下げし、一気に30−40件の予約を増やしたホテルがありました。

増えたお客様数を見ると喜ぶオーナーですが、現実的には厳しい面もあります。宿泊料をこれだけ安くしたからといって、従来よりも料理の質を落とすわけにはいきません。量や質を落としてもクレームにつながりますし、変わらぬ料理を出しても原価率が大きく変わってくるのですから、月単位で振り返った時に追及されるのは自分たちではないか、と料理長は不安に感じているようでした。

宿泊料を下げ、目先のことだけ見ていても良い結果が出るとは限りません。長い目で見て、自分の旅館ホテルの良さを知っていただき、「また来たい」と思ってもらえるようにするにはどうしたらよいか、考えていってください…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2021年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ