楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宇和海で楽しむ春の船旅

前回はGo Toフェリーと題して、宿泊設備があって1泊の船旅の楽しめるフェリーについて書きましたが、今回はもっと手軽に楽しめるクルーズを紹介します。

桜の季節になり各地のお花見船が賑わっています。また琵琶湖も海開きとなってレストラン船が運航を始め、鳴門の渦潮を見る観潮クルーズもシーズンを迎えています。こうした1時間程度までの遊覧船もいいですが、もう少し長時間のゆっくりとした船旅を楽しめる船も各地にあります。

先日、四国の宇和島に出かけて、4時間かけて宇和海を周遊する船旅を楽しみました。運航するのは盛運汽船で、2隻の高速旅客船と1隻の在来型貨客船を運航しており、在来型貨客船の「しらさぎ」は1日1便だけですが、4時間かけて宇和海を巡ります。

面白いのは、これが観光目的の遊覧船ではなく、完全な生活航路船であることです。宇和海の島々に点在する集落に一つひとつ寄港して、人や荷物が運搬される様子を見ながらの航海なのです。ある港では、プロパンガスの大型ボンベを大量に降ろし、ある港では宅配便らしき荷物を積み込んでいました。島民の多くは速い高速船を利用しますが、時間はかかりますが安くてデッキにも出られる在来船を選ぶ島民もおり、カメラ片手にデッキにたたずむ筆者に不思議そうな視線を送ります。きっと観光で乗る人は珍しいに違いありません。

船の中には、レストランはもちろん売店も自動販売機もありません。従って、乗船前に食事をして、船上での飲み物も購入して乗る必要があります。

船が出るのは宇和島新内港で、その乗り場の横には、道の駅みなとオアシスうわじまがあり、物産品の販売だけでなく、地元料理が食べられるフートコートがあります。お勧めは宇和島風たい飯です。ご飯の上に、タレを絡めた鯛の刺身と卵黄を乗せた絶品です…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2021年4月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ