楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ホテル滞在を前面に改築 クロスホテル大阪

新型コロナウイルスの影響で、新規開業や改装開業の延期を余儀なくされたホテル旅館は多い。とくに関西地区は昨年から今年、来年に至るまで新規ホテル開業ラッシュのはずだった。もちろん計画自体がなくなったわけではなく、それぞれのホテルがタイミングを計ってゆっくりと立ち上がってきている。

そのような中、大阪観光の中心地ミナミにある「クロスホテル大阪」が8月1日、コロナによる休業から営業を再開、休業期間中に完了したリニューアルを公開した。全客室と共用部分を一新し、宿泊客専用ラウンジを設けるなど新たなホテルライフを提案する。

客室は2007年の開業以来初となる大規模改装で、全229室と廊下を含めた共用部分を全面改装した。6−12階の「スタンダードフロア」は、ツイン・ダブル・トリプルの計178室。客室はモノトーンでしっとりまとめている。

13、14階の「クロスフロア」はスイート、ジュニアスイートを含む計51室を有する高級フロア。「旅館STYLE」をサービスコンセプトに、スタッフによる客室への案内や夕食・朝食の2食付きの宿泊プランなど、同フロアの特徴を打ち出している。ゴールドをアクセントにした内装デザインを施し、海洋深層水を製品のベースにしたアメニティ「Omnisens(オムニサンス パリ)」やダイソンのヘアドライヤー、迫力ある重低音と360度に拡がる臨場感ある音楽を楽しめるスマートスピーカーなどを備える。

なかでも「クロススイートジュニア」は広さ約48平方メートルで段差を設け、広がりを感じる空間を創造。また「クロススイート」は同約100平方メートル超で、6人掛けテーブル、リビングを配置し、60インチの大画面のテレビがあり、ホームシアターも備えている。

エレベーターホールや廊下などの共用部分は、ホテルのイメージカラーである赤を基調とした都会的で洗練した空間を創造。エントランスから客室まで敷き詰めたカーペットは赤の流線をあしらい、「nandeyanen(なんでやねん)」などの数種類のメッセージを織り込んでいる。壁面には難波橋のライオンや通天閣などの大阪の名所に関連するアートを設えるなど、大阪らしさとユーモアを盛り込んだ…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2020年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ