楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

食の都をプランで体現! ウェスティンホテル大阪

食い倒れで知られる「食」の大阪。ホテル業界も多彩な企画で集客に躍起だ。

なかでも「ウェスティンホテル大阪」(大阪市北区、304室)は昨年6月の日本料理「はなの」の大改装に始まり、今年は4月20日に中国料理「故宮」をリニューアルオープンするなど、食に軸足を置いて多彩な企画を打ち出している。

とりわけ、朝食からランチ、ディナーのオールデイダイニングで使い勝手が良いのがホテル1階の「アマデウス」(80席)。庭に隣接し、大阪の中心にありながら緑や光、鯉が泳ぐ池という自然に満ちた環境のレストランとしてツト有名。こまめに料理企画を打ち出しており、2月28日までは「アマデウスマルシェ×スパイス&ハーブ」と題して中国山椒、唐辛子の実の香辛料であるカイエンヌペッパーをはじめ今話題の“和のハーブ”に注目し、血行をよくして身体を温めるショウガ、シソ、ユズ、山椒、わさび、洋食には珍しいミョウガなどを食材と見事に調和させた。

見ためでも食欲をそそる前菜、目の前で好きな野菜とドレッシングを混ぜてくれるサラダ、野菜やエビなどが具材のしゃぶしゃぶ、カレー風味の麻婆豆腐など、創意工夫のあるメニューを提供。野菜ソムリエの資格を持つシェフの苅田貴久氏ならではの野菜の種類の多さ、調理方法の多彩さなどが女性客のニーズをキャッチし、ランチタイムはほぼ女性で満席状態になる。

3月1日からは「アマデウスマルシェ×フルーツ・ミーツ・ミート」と題したランチとディナーを開催する。フルーツの特有の香りと酸味が肉の旨みを爽やかにするというフルーツと肉のコラボレーションの企画…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2019年2月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ