楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊特化型の真打ちが登場 ホテルヴィスキオ京都

ここ最近京都駅周辺ではホテル開業ラッシュである。とりわけ八条口は「ホテル京阪」(234室)「変なホテル」(98室)「ダイワロイネット」(192室)と宿泊特化型ホテルが目立つ。

そのような中、真打登場といえるのが、JR西日本ホテルズの「ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA」(京都市南区)である。京都駅八条口から徒歩2分の場所に5月30日に開業した。「ヴィスキオ」ブランドとしては大阪、尼崎に次いで3軒目である。

地上9階建て、延床面積約1万7350平方メートル。1階にフロント、ロビー、ゲストラウンジ、レストラン「ヴィスキオガーデン」、2階には男女大浴場、フィットネスルーム、コインランドリーを整備した。一部2階から9階までが客室で、ツインを中心にダブルやファミリールームなど計7タイプ全423室、最大939名収容できる。

土地・建物を松原興産が所有、ジェイアール西日本ホテル開発のフラッグシップホテル「ホテルグランヴィア京都」(537室)が運営する。

名称に「by GRANVIA」とあるようにヴィスキオ京都は質の高いフルサービスを提供するグランヴィアに対して、セルフケアのシンプルスタイルが特色の宿泊主体型ホテルとしてBED(ベッド)、BATH(バス)、BREAKFAST(朝食)の3つのBに重点を置いた。

メーンとなるツインは184室のモデレートツインが約21・5平方メートル、次いで126室のスーペリアツインが約28・8平方メートルと、ゆとりの広さを確保。1つめのBのベッドはシモンズ社製のホテルのオリジナルモデルを導入し、ダウン90%のデュべを採用した。2つめのBのバスルームは洗い場付きでトイレとは独立させ、複数人数での使い勝手に配慮している…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2019年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ