楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ラグジュアリーを味わう コンラッド大阪

足掛け3年に及ぶ新型コロナによって、ホテルへの出入りが少なくなった。規制緩和により最近でこそ人出が多くなってきたが、それまでは閑散としていた。感染症対策でホテル全体に緊張感があり、利用客も少ないとあれば、寂しくなるのも当然のことであろう。

だが、もっとも寂しいと思うのが、憧れの場であり、楽しみの場、華やかな雰囲気で気持ちをワクワクさせてくれるはずのホテル自身に元気がない。イベントも少ないしレストランにも活気がない。コロナ禍のこんな時だからこそ、ラグジュアリーな雰囲気の中に身を置きたい、と思う人は多いのではないだろうか。

そのような中、“さすが世界のラグジュアリーホテル”と改めて感動したのが「コンラッド大阪」だ。大阪市北区中之島の高層ビルの33―40階に入居。大阪市の中心、中之島の眺望を一手に取り込んだ最高のロケーションが最大の売り。

開業はコロナ前の2017年6月9日。40階にロビーやフロント、レストランなどを配置し、エントランスからエレベーターに乗りロビーに降り立った途端、目の前に広がる大阪の眺望。その時点で利用客の心をわしづかみにし、それ以降の経験はすべて“最高”。思わず“ブラボー!”と叫んでしまいそうなのだ。

客室は真紅の漆の円形のバスタブが特徴のスイートルームなど164室を配置している。スタイリッシュで和のテイストを盛り込んだ居心地の良い客室で、1泊約7万―8万円から。

昨年12月26日よりホテル40階の「40スカイバー&ラウンジ」でチョコレートと、ストロベリーのマリアージュを楽しむストロベリーアフタヌーンティの提供を開始。今年1月13日にお邪魔した。

開放的なラウンジではライブ演奏があり、久しぶりに気分が高揚。テーブルの上にアフタヌーンティーとともに楽しめる紅茶の葉の見本が置いてある。葉や香りを事前に味わって、今飲みたい紅茶をオーダーできるという案配だ。

いよいよ真打登場。アフタヌーンティーが運ばれてきた。三段のアフタヌーンティスタンドが一般的だが、ここは違う。ホテルの象徴的な場所である40階から39階に通じるホワイトの螺旋階段をイメージしたスタンドに、ストロベリーパッションフルーツケーキやストロベリーガナッシュオレンジメレンゲタルト、ストロベリープラリネチョコレートムースなどのスイーツをはじめスコーンなどがカラフルな色合いで並んでいる。そして別の皿にはコンラッドの「C」の焼き印が入ったホットサンドもあり、ボリューム満点だ…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2023年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ