楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

フライ&クルーズの魅力

巨大なレジャー産業に成長した現代クルーズの成功要因の1つがフライ&クルーズにあると言われています。その字の意味するとおり、飛行機とクルーズを組み合わせたパックツアーで、クルーズの発着港までは高速の飛行機で移動して、そこから客船に乗ってクルーズを楽しむというスタイルの旅です。

かつての高齢富裕階級を相手にしたクルーズではなく、現役の中間層夫婦や家族連れをメーンターゲットにした現代クルーズでは、仕事を持った人でも楽しめるように1週間以内のコンパクトなバケーションとすることが必要でした。北米では年間を通じて美しい海を堪能できるカリブ海がクルーズの適地でしたが、そこでの1週間以内のクルーズが楽しめるのはフロリダ半島に在住する人に限られていました。

しかし飛行機を利用すると北米全土の人々が手軽にカリブ海のクルーズが楽しめるようになります。例えば、ニューヨークなどの北の大都市から船でカリブ海クルーズをすると2―3週間はかかりますが、飛行機を利用してマイアミに飛び、1週間のクルーズを楽しんでも2回の週末をはさむ1週間で可能になるのです…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2019年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ