楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

クイーンメリー2に乗る-老舗再生への事業戦略

老舗定期客船会社のキュナードが、クルーズの世界では失敗して、カジュアルクルーズの雄であるカーニバル傘下で再生できたのはなぜか。クルーズを研究する筆者にとってはたいへん興味のあるところです。

キュナードが最後に建造した大型定期客船「クイーンエリザベス2」は、建造途中でクルーズ仕様に設計変更されて1969年に完成しました。夏には伝統ある大西洋横断クルーズ、冬季には恒例の世界一周クルーズなどを行いました。クルーズ期間は2―3週間を中心として、世界一周では3カ月という長さで、クルーズ料金は1泊あたり3万円程度からの、いわゆるラグジュアリークラスの料金設定です。

同社はノルウェージャン・アメリカ・ラインの2万トンの客船「サガフィヨルド」、「ビスタフィヨルド」を購入し、さらに4千トンの高級ブティッククルーズ船「シー・ゴッデスⅠ」姉妹も購入します。さらにカリブ海では、1万7千トンの「キュナード・カウンテス」と「キュナード・プリンセス」でのクルーズも開始します。このように当時のキュナードのクルーズ戦略は一貫性がなく、いろいろなクルーズに手を出しては失敗するという悪循環に陥っていました。

そうした中でキュナードを引き取ったのが、カジュアルクルーズの雄であるカーニバルでした。カーニバルの総帥アリソン氏は事業規模の拡大にあたって、企業買収という手段をとりましたが、それぞれのブランドを残したまま、グループ全体でラグジュアリーからカジュアルまでのクルーズの品ぞろえをするという戦略をとりました。そのトップブランドに据えたのが老舗キュナードなのです…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2019年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ