楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大量集客から「稼ぐ」へ 事業者、地域の収益力を高める

誰もが理解していることですが、事業者や企業にとって「お金」とは「稼ぐ、儲ける」ことが一つの目的です。ただし、行政にとっては「お金」は「稼ぐ、儲ける」ものではなく、「予算」として「使い切る」ことが最大の目的であることはあまり理解されていないかもしれません。

第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本目標に「稼ぐ地域」が位置付けられたとしても、稼ぐことを意識すらしたことがない行政職員にはマネタイズを推進させることは所詮無理筋なことなのです。

自治大学校の観光政策論の講師や地域活性化センターの講義などを通して多くの行政職員にマネジメントとマーケティングを指導する機会がありますが、皆さん頭でマネタイズすることを理解したとしても実際に施策や事業化にまで結び付けることは難しいようで、民間事業者とともに成果を上げるのは至難の業といった様相です。

特に観光行政では「稼ぐ」ことよりも「大量集客」が重要な目標となっていました。

しかし先月以降、政府から地方自治体に至るまで、外貨を「稼ぐ」ことに対してこれまで以上に意識せざるを得ない状況になっています。なぜなら、先月3日に召集された臨時国会の本会議における岸田首相の所信表明演説と11日に総理大臣官邸で開催された第16回観光立国推進閣僚会議において、訪日外国人旅行消費額を年間5兆円超にする目標を明確にしたからです。これまでの歴代首相の発言では「訪日外国人旅行者数6千万人」が重要な目標値でしたが、今回「5兆円稼ぐ」に変更されたことは観光政策にとって大きな転換期を迎えたと言えます…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2022年11月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ