楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

香港発着のクルーズに乗る

年末に香港発着の1週間クルーズに乗ってきました。飛行機で香港まで行って乗船するフライ&クルーズですが、飛行機もクルーズも個人的にインターネットで予約しました。香港は反政府デモが頻発している時期でしたが、空港からホテルまでのタクシーが検問による渋滞に巻き込まれて2時間もかかった以外は、これといった騒ぎは見かけませんでした。

香港にはオーシャンターミナルという古くからの客船埠頭がありますが、クルーズブームに対応するため九龍の空港跡地に大規模なクルーズターミナルが造られています。20万トン級のクルーズ客船が2隻並んで着ける大規模な施設です。乗船当日には、筆者が乗船する18万トン船の隣に16万トン船が着いていました。いずれも4千人を超える乗客が午前中に下船して、午後から新たな客の乗船が始まり、夕刻には出港しました。

乗船したのは米ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの最新鋭船「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」です。クァンタム・クラスと呼ばれるシリーズ船の4番船で、中国市場向けにカスタマイズされた仕様で建造されました。船体の船名表記には英語に並んで「海洋光譜號」と漢字表記もありました。スペクトルは、中国語では「光の譜」と書くのですね…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2020年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ