楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

SNSの歪みを正す役割

統一地方選挙が一段落しました。若い人の投票率が高くなるほど政権与党の当選確率が高くなったのではないでしょうか。選挙権を18歳に下げたのは現在下野している民主党政権でしたので皮肉としかいえません。

ただし、これは政権与党の政策が認められたからではありません。現代の若者は批判する人を支持しないだけです。「批判だけして代案を示さない」ことに対してのアグレッションは私も常々受けます。批判的思考というのはマネジメントの世界ではよく使われますが若者には禁句。多面的思考と言い換えなくてはなりません。つまり、批判する人たちが野党のイメージになっている限り、野党の復権はないのです。論破するひろゆき氏等は言語道断。大人は支持しても若者は批判する人に批判的です。

批判アレルギーの原因は、SNSです。狭いSNSのヨコ世界で承認を受けるために、若者は日々あらゆる動画を視聴しておかなくてはなりません。若者が疲れているとしたら毎夜これをしているからです。

そして、少しでも同調しなかった時に受けるのが批判というアグレッションなのです。

そのため、SNSというコンフォートゾーンからいかに抜けさせ、ストレッチゾーンへと導き、承認してあげるかが大人の役割です。その前にリアルなコンフォートゾーンを作ることも必須。四万温泉や城崎温泉で合同入社式を実施していますが、これは全国でやるべきです。まずは「同期」を作ってあげることが大人の最初の役割です。

SNSに個性を歪められ、悩み、精神に不調を来す子どもたちの増加は異常値に近い状況で、通級指導という個別指導の波が大学まで要求されるようになりつつあります。これは親や学校だけではどうしようもありません…

(井門隆夫=國學院大學観光まちづくり学部教授)

(トラベルニュースat 2023年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ