楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

クルーズ再開、徹底した対策

待ちに待ったクルーズ再開。関西に本社をもつ日本クルーズ客船の「ぱしふぃっくびいなす」も11月末に1泊2日のトライアルクルーズを行い、本格的なクルーズ再開のための試験航海を実施した。このクルーズに乗る機会に恵まれた。

クルーズの1週間ほど前に、まず自宅にPCR検査キットが届いた。唾液を採って郵送すると、新型コロナウイルス感染の有無がわかり、陰性であれば乗船が可能となる。届いた結果には「低リスク」と表示されていた。「陰性」とは書かれていないのは、何パーセントかの確率で陽性になる可能性もあるからだろう。

乗船時には、検温、問診表の確認などがあった。船上では、各公室の入口に入室チェックのための乗船カードの読取機械が設置されていた。万一、コロナウイルス感染者が出たときに、濃厚接触者が分かるシステムだ。船内の各公室の座席も半分になり、おしゃべりしても飛沫がかかることがないように配慮されていた。

また、最も感染リスクの高いレストランでは、基本的に同室の乗客だけが一緒のテーブルを囲み、大テーブルにはアクリル製の飛沫ガードが設置されていた。

クルーズ特有のシアターでのショーやラウンジでの生演奏も、観客席は十分な間隔をあけ、またマイクにはすべて透明の飛沫ガードが設置されていた。

食事は、朝食でのバイキング式はなくなり、すべてテーブルへのサービスとなった。サービス要員は日本人とフィリピン人の混成で、クリスマスモードのお洒落なマスクを着用していたのが印象的だった…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2020年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ