楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

歩いて楽しい温泉街 新潟県月岡温泉/白玉の湯泉慶・穴澤恵子さん

青森県の杉澤知恵さんよりバトンを受け継ぎました新潟県月岡温泉の白玉の湯泉慶・華鳳の穴澤恵子です。

月岡温泉は、新潟市に近い地理的優位性や交通の利便性から「新潟の奥座敷」として脚光を浴び、新潟最大の温泉地として繁栄してきました。好景気の中、当館でも施設の増改築が進み、1967年に祖母が8室で創業した旅館は、今ではグループ3館で230室を超えるまで大型化しました。

入社当時は毎日が忙しく、いかに施設内で飲食や買い物をしてもらえるかが重要とされる時代でした。その後、旅行ニーズの変化や団体客の減少に対応できず、全盛期に30軒以上あった旅館は半数以下にまで減少。廃業した商店や旅館が温泉街の景観を著しく阻害し、これからの時代を担う世代として取り組むべき課題として考え始めました。

月岡温泉では、2014年の開湯百年を契機に、観光協会を中心に温泉街の魅力づくりを推進する動きが活発化しました。同年4月に地区の若手経営者で合同会社ミライズを設立し、私も代表としてメンバーに入りました。温泉街自体の魅力を向上させることこそが、賑わいを取り戻す手段と考え、空き店舗や空き家の再生をスタートさせました。わずか7年で新潟の食をテーマにした7店舗を再生オープン。景観整備事業と連動し、月岡の温泉街は見ちがえるほどの賑わいを取り戻し、ミライズの運営する店舗だけでも、年間約16万人の回遊を生み出しています…

(JKK=全旅連女性経営者の会リレーコラム)

(トラベルニュースat 2020年11月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ