楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京五輪も大阪万博も民泊も 新時代へ引きずる昭和の発想

19/01/08

いよいよ元号が替わる新年。新たな時代に期待を込めたいと思います。

早速やってくるラグビーW杯。国際行事として日本各地で多くのラグビーファンを歓迎したいと思います。

2025年には大阪万博。ただ、関西人には申しわけないのですが、イマイチ成功する感じがしません。東京五輪もそうなのですが「造ること」が目的となっている感がありありのためです。

万博といえば、海外の英知を集約し国民を動かすイベントと思っていたのですが「大阪・関西が世界に誇るライフサイエンス」で海外来訪者を動かそうというなら趣旨は逆ではないかと思うのです。いくら今インバウンドが好調だからと言って、万博目的にわざわざ空を越えてやってくるでしょうか。それは五輪も然り。結局は土木・建設への公共投資により経済を活性化しようという昭和の発想でしかないのです…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2019年1月1日新年号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ