楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ポストコロナはウルトラC

先月でコラム「CS宣言」の連載を終えたはずですが、恥も外聞もなく、今月から新コラムのスタートです。本当は少しインプットする時間もほしかったのですが、100年に一度の疫病に見舞われ、未来が見えなくなっている状況下でおちおち休めなくなってしまいました。どうか懲りずにお付き合いいただければ幸いです。

現在、ポスト新型肺炎に向けては様々な政策が進みつつあり、感染拡大防止と経済復興に向けて走り始めています。一点だけ残念なのは、未曾有の危機を抜け出すために消費減税を期待していましたが、財務省はまったく動かず。経済産業省頼みが目立ちました。

もし、この国難が100年前のスペイン風邪と同じであれば、終息まで4年かかります。もちろん東京五輪は夢で終わります。もう少し早く収束してリーマンレベルの経済危機で済んだとしても、景気回復に4年半かかります。未来のことを考えれば、付け焼刃では済まないはずです。

観光業に関しては生産性が低いと指摘される中、D・アトキンソン氏は中小企業が原因と仰っていますが、その通りだと思います。さらに突き詰めていくと中小企業の過剰債務が元凶だとわかるはずです。過剰債務があるのに民間貯蓄が増えるのは経済不信があるからに他なりません。今回も貯蓄がなければどうなったことでしょう。雇用調整助成金を申請しても入金まで数カ月かかります…

(井門隆夫=高崎経済大学地域政策学部観光政策学科教授)

(トラベルニュースat 2020年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ