楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

8時間労働 料理人の就業環境とは

大きな集まりなども増えてまいりました。私も和食料理人として、経営者として、コンサルタントとしてお話をさせていただきに行く機会も増えてまいりました。向かう先では、どちらかというと洋食よりも和食メーンのホテルや施設の方と話すことが多いのですが、その中では和食料理人の人手不足が話題となります。

和食は、2013年無形文化遺産に登録されました。世界に誇る技術ですが、現状はこのありさまです。

8時間労働が法律の下で守られていますが、技術を身につけなければ成り立たたない職種で、この労働時間を守ることは容易いことではありません。例えば、プロのスポーツ選手や漫画家、作家の方々などは8時間の意識などないでしょう。自分のレベルアップのために時間を費やし、それが一日の大半を占めることも多いはずです。そうして身につけたスキルや実績をもとに対価が支払われていることでしょう。

料理人も同じではないでしょうか。

一人前になるためには8時間の縛りの中でできることは限られています。業務としてすべきことに加えて、自分自身が習得すべき勉強の時間が少なからず必要ですから、これを8時間で行うことはなかなか困難でしょう。今「8時間以上働こう」と声を大にして言うことは難しいでしょうが、契約形態を工夫するなど就業しやすい環境を整えていくことも必要ではないでしょうか。8時間労働をした後も、例えばアルバイトのような形で同じ就業場所で働くことができれば、人員確保にもつながるのではないでしょうか。

これは、職場ごとにできることもあれば、市や国に動いていただきたい部分でもあります。様々な職種がありますが、職種ごとに業務内容や時間は大きく違いますから、それぞれに合わせた法律を作っていくべきではないかと感じます。

年始から震災があり、多くの被害が出ました…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2024年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ