楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「瓶ドン」を食べに来て! 岩手県宮古市/宮古ホテル沢田屋・澤田美枝子さん

京都松園荘保津川亭奥村さんからバトンをいただきました、岩手県宮古ホテル沢田屋の澤田美枝子です。

本州最東端の日出ずるまち宮古市。映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台であるトドヶ崎灯台から望む太平洋は青い海が果てしなく続き、地球が丸いことを実感できます。また、イタリアカプリ島で有名なあの青の洞窟がなんと、ここ宮古の国立公園浄土ヶ浜にあるのをご存じですか? コバルトブルーやエメラルドグリーン、季節により色々な表情を魅せてくれ、透明な碧色は多くの方々の心を清らかにしてくれます。

「やっぱりさんまは目黒にかぎる」で知られる東京都品川区の「目黒のさんま祭り」の炭焼きさんまは、宮古市が無償で提供しております。

宮古の漁場はちょうど今ウニ漁が最盛期を迎えています。こちらでは生ウニは牛乳瓶に入れて売られるのが一般的で、海水と同じ濃度の塩水と一緒に詰められたウニはとても甘く滋養の宝庫。そんな瓶で売られる生ウニは初夏限定なのですが、この独特なスタイルからヒントを得て考案された「瓶ドン」というご当地グルメが今、たいへん評判となっております…

(JKK=全旅連女性経営者の会リレーコラム)

(トラベルニュースat 2020年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ