楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「新三方良し」を目指して 佐藤 祐子さん/滋賀県おごと温泉・びわ湖花街道

千葉県「鴨川館」武田和香子女将よりバトンをいただきました滋賀県おごと温泉「びわ湖花街道」代表取締役の佐藤祐子と申します。JKKでは、会務系副会長を務めさせていただいております。

滋賀は琵琶湖をはじめ豊かな自然と歴史に恵まれ、魅力あふれるところです。そしておごと温泉は世界遺産比叡山延暦寺のお膝元の温泉地として、千年の歴史を誇っております。また、アウトドアやスポーツ、神社仏閣の静謐な空間など、コロナ禍でも注目される観光資源の宝庫でもあります。

今、わが産業は非常に厳しい状況にありますが、今こそ先を見据え、観光が力強く回復できるよう、しっかりと備え、取り組んでいく必要があります。

そのために、自然や歴史、地域に根差した地域ならではの良さを再発見、再評価し、発信するとともに、新しい魅力の創出にもチャレンジしてまいりたいと考えています。

さらに、これからの観光は、とりまく自然環境や社会とのかかわりを常に意識し、より良く、また、持続可能なものにしていくことが必要であると思います。

そして、母なる琵琶湖。「恵み豊かな水源の森を守るため」「温室効果ガスの排出を減らすために」「琵琶湖を楽しみ愛する人を増やすため」に、びわ湖版SDGs「Mother Lake Goals(MLGs)」が示す「2030年の琵琶湖と、琵琶湖に根ざす暮らしに向けた13のゴール」に向けて、何ができるかを考えて、取り組んでまいります。

「お客様に良し」「観光・物産振興に良し」「社会・環境に良し」そして「未来に良し」の、いわば観光新三方良しを目指したいと思います…

(JKK=全旅連女性経営者の会リレーコラム)

(トラベルニュースat 2022年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ